ドルトムントのブログ

ドルトムントが大好きです

ドルトムントハノーバーを粉砕 「かめはめ波」パフォーマンスも

第20節ドルトムントハノーバー

 

首位ドルトムントにとっては、17位の格下相手となる。しかし、前節ドルトムントは、アウェーで1対1と引き分けている。

 

バイエルンからの追撃から首位をキープしたいドルトムントは1試合も落とせない。

 

ドルトムントは、怪我だったキャプテンロイスが戻って来てセンターバックを除いては最強の布陣であった。

急遽センターバックにコンバートされたヴァイグルがしっかりとした仕事をしてくれているので、ベストメンバーといえるだろう。

 

2019年初のホームゲーム

何としても勝利を収め好スタートを切りたい一戦だ。

 

スタジアムは、黄色一色で埋め尽くされ、改めてブンデスリーガが再開したんだと思い起こされる。

 

キックオフ

 

序盤ハノーバーのコンパクトなサッカーをされ、何度かチャンスを作られてしまう。

 

しかし、

20分を超えた辺りから徐々にドルトムントのペースになっていく。

 

20分ドルトムントのカウンター、ピシュチェクがポールを自陣から運びそのままゴール前までドリブルをする。

追い越して来たロイスの足元にピタッとつけるスルーパス、ロイスのシュートは惜しくもポストに当たる。

すると、

直ぐにチャンスがやってくる。

アクラフがサイドでボールを持つ、相手を1人交わし中に絞っていたゲレイロにパス、空かさずアクラフがゴールに向かって走り出す、ゲレイロがワンタッチで落とし、アクラフが振り抜く。

振り抜いた無回転のシュートは、アウトに落ち、凄いスピードでゴールに吸い込まれた。

ドルトムントは貴重な先制点をものにする。

f:id:Hirary:20190127183151j:image

#Kamehameha

 

(40分 ハノーバー、エース浅野投入。)

 

前半を1-0で折り返す形となった。

 

後半開始

 

60分またもアクラフハキミが見せ場を作る。

自陣で無理に繋げようとしたハノーバーの選手が慌ててクリアしようとした所を自陣から猛スピードでプレスに来たアクラフハキミが掻っさらいそのまま中に走り込んだロイスへ

ロイスが爪先で浮かせたアウト回転のかかったボールはゴールに吸い込まれる。

TLでは、ロイス天才と言う声が湧き上がっていた。

本当に彼は天才だ。

f:id:Hirary:20190127183315j:image

 

2分後直ぐに試合を決定づける3点目が生まれる。

自軍からディレイニーが前を走っているサンチョにロングフィードでパスをする。

パスを受けたサンチョは、中へドリブルで切れ込んで行く。外に、またしても自軍から猛スピードでオーバーラップして来たアクラフを横目で見ながら、2人交わし逆サイドのゲッツェへ。

ゲッツェが、落ち着いてファーに蹴り込んで試合を決める3点目を決める。

 

#アクラフ速すぎ

 

f:id:Hirary:20190127183243j:image

 

この3点目は、なんと2013年ぶりのブレーメン戦以来となるゲッツェロイス揃い組のゴールとなった。

f:id:Hirary:20190127160549j:image

 

その5分後またもゴールが生まれる。

ロイスが真ん中でポールを持つと中に切り込み逆サイドに走り込んだゲレイロにパス。

ゲレイロがダイレクトでニアを抜き、今季ブンデスリーガ初ゴールを記録する。

 

f:id:Hirary:20190127183357j:image

 

86分ハノーバー意地を見せる。

ドルトムントのバカロルツがヴィツェルのタックルを剥がし、強引に打ったシュートがディアロに当たった後ハノーバーの選手に当たり、ドルトムントは失点を許してしまう。

クリンシートでしっかり勝ちきりたかったとサポーターとしては思った。

 

後半90分

相手陣内でパスを回し、サンチョからヴィツェルへ。ヴィツェルが足を振り抜き、打った低い弾道のシュートはポスタを叩きゴールに吸い込まれた。

失点の鬱憤を払拭し、ドルトムントの好調を決定づけるゴールとなった。

 

f:id:Hirary:20190127183418j:image

 

同時にホイッスルが吹かれ、試合終了。

ドルトムントにとって2019年最高のホームスタートとなった。

 

シャーレまで残り15試合。負ける気がしない。

Heja BVB!!

f:id:Hirary:20190127183444j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドルトムントが結果で示したバイエルンへの答え

f:id:Hirary:20190123000028j:image

ウィンターブレイクが明け、ブンデスリーガが再びやってきた。

第18節ドルトムントの相手は堅守ライプツィヒ

ライプツィヒはリーグ最少失点で4位につけている。

対する首位ドルトムントはリーグ最多得点で首位に位置付けている。

最強の矛vs最強の盾の矛盾対決だ。

 

2位バイエルンホッフェンハイムに勝った事でその差は3ポイントの所まできていた。

 

ドルトムントバイエルンの追撃に対する答えを結果として示さなければならなかった。

まだ、首位は譲らない。

 

ドルトムントは、アカンジ、ザガドゥ、トプラクのスリーセンターバックを怪我で欠いていた。加えてエースマルコ・ロイスが前日のトレーニングで負傷。首位ドルトムントにとってはかつてないほど苦しい状況であった。

 

それでもルシアン・ファブレは、センターバックにヴァイグルを選択。ロイスの位置にフィリップを置き、4-2-3-1という布陣を崩すことはなかった。

戦術もセンターバックからのビルドアップを攻撃の起点としたゲーム作りをしていたようにみえた。

 

対するライプツィヒは、4-3-3の布陣で前線から積極的にプレッシングをかけ、試合を速い展開へもっていこうとしていたようにみえた。

 

前半19分、ドルトムントは貴重な先制点をあげる。

ゲレイロの鋭いコーナーキックからピシュチェクが真ん中で逸らした。そこにはヴィツェル

ヴィツェルは、まるでボールが自分の所に来ることを分かっていたかのように1.2歩バックステップをし、ボールが来ると落ち着いて腿で真下にストンと落とす。素早く右足を振り抜いて打ったシュートはバーを掠め、そのままゴールイン。

 

後半に入るとライプツィヒのプレスは更に一層激しくなる。

全ての選手にエンジンが付いているのではないかと錯覚した。それ程までに休むことなく走り続けていたライプツィヒ。とハキミ笑

 

何度かチャンスを作られたもののビュルキが渾身のビッグセーブを連発。

 

首位ドルトムントが1点を守りきり、勝利を収めた。

 

この勝利は、バイエルンにはまだ首位は譲らないというドルトムントが見せた意地のようにみえた。

 

ブンデスリーガの首位は、まだまだ渡せそうにない。

 

UEFA2019年期待の若手50人を発表(30/50)

UEFAが今後ブレイクする若手50人を発表した。

(21〜30/50人)

 

Kai Havertz(カイ・ハフェルツ)

f:id:Hirary:20190107005248j:image

年齢:19

国籍:ドイツ

チーム:バイエル・レヴァークーゼン

UEFAヨーロッパリーグでの彼のパフォーマンスは賞賛された。ハフェルツは、50試合に出場したブンデスリーガの歴史上最も若い選手になった。

自分のイチオシ。

 

Callum Hudson-Odoi(カラム・ハドソン-オドイ)

f:id:Hirary:20190107005821j:image

年齢:18

国籍:イングランド

チーム:チェルシーFC

現監督マウリツィオ・サッリによって18歳にしてスカッドに組み込まれた選手。

瞬足のU19イングランド代表の攻撃的ミッドフィルダーの彼は、秋のUEFAヨーロッパリーグで得点を決めている。

直近のカップ戦でもモラタの2ゴールをアシストするなどまさにブレイク中の選手。

バイエルンが30億で購入を試みたが断られている。

 

Luka Ivanušec(ルカ・イヴァンシッツ)

f:id:Hirary:20190107010622j:image

年齢:20

国籍:クロアチア

チーム:NKロコモティヴァ・ザグレブ

このミッドフィルダークロアチア代表で最も若く得点した選手。

 

Luka Jović(ルカ・ヨヴィッチ)

f:id:Hirary:20190107214702j:image

年齢:21

国籍:ボスニア・ヘルツェゴビナ

チーム:アイントラハト・フランクフルト

ベンフィカからローンできたヘルツェゴビナ人の彼は、既にブンデスリーガで二桁ゴールを決めている。それに、UEFAヨーロッパリーググループステージでも5ゴールを決めている。

 

Ozan Kabak(オザン・カバク)

f:id:Hirary:20190107215709j:image

年齢:18

国籍:トルコ

チーム:ガラタサライSK

怪我が原因でトルコ代表からは外れてしまったが、このセンターバックは既にリーグとUEFAチャンピオンズリーグを経験している。すぐにトルコ代表デビューを果たすだろう。

 

Alban Lafont(アルバン・ラフォン)

f:id:Hirary:20190107215814j:image

年齢:19

国籍:フランス

チーム:ACFフィオレンティーナ

トゥールーズで3シーズンを過ごした後、高身長のブルキナファソ生まれのゴールキーパーは、セリエAで彼の可能性を証明している。

 

Andriy Lunin(アンドリー・ルニン)

f:id:Hirary:20190107220309j:image

年齢:19

国籍:ウクライナ

チーム:CDレガネス

レアルマドリードからのローンできたゴールキーパーは、素晴らしい反射神経とフットワークを兼ね備えている。秋のクラブと代表で3つのクランシートをおさめている。

 

Weston McKennie(ウェストン・マケニー)

f:id:Hirary:20190107220749j:image

年齢:20

国籍:アメリ

チーム:シャルケ04

深い位置で主に展開の役割を果たすテキサス出身の彼は、中盤の潰し役だ。しかし、フォワードを出来、10月には、UEFAチャンピオンズリーグで初ゴールを記録している。

 

Brais Méndez(ブライス・メンデス)

f:id:Hirary:20190107221415j:image

年齢:21

国籍:スペイン

チーム:セルタ・デ・ビーゴ

セルタのミッドフィルダーでレギュラーのメンデスは、先月のボスニアヘルツェゴビナ戦でスペイン代表デビューを果たした。

 

Nikola Milenković(ニコラ・ミレンコビッチ)

f:id:Hirary:20190107222052j:image

年齢:21

国籍:セルビア

チーム:ACFフィオレンティーナ

右バック、センターバックが出来るセルビア人は、多くのビッグクラブの獲得リストに入っており、セリエAでゴールを量産している。

 

 

 

 

 

UEFA2019年期待の若手50人を発表(20/50)

UEFAが今後ブレイクする若手50人を発表した。

(11〜20/50人)

 

Achraf Hakimi(アクラフ・ハキミ)

f:id:Hirary:20190106170646j:image

年齢:20

国籍:モロッコ

チーム:ボルシア・ドルトムント

レアルマドリードからのローンで移籍。

買取オプション無し。辛い。

移籍して直ぐに大ブレイクし、CLアトレティコ戦では3アシストを記録。

超攻撃的サイドバック

気づいたらドルトムントには居なくてはならない存在になっていた。

 

Alphonso Davies(アルフォンソ・デイビス)

f:id:Hirary:20190106165318j:image

年齢:18

国籍:カナダ

チーム:バイエルン・ミュンヘン

このガーナ生まれのカナダ代表は、2019年1月にバイエルンに加入した。彼は、バンクーバー・ホワイトキャップスで5ゴールを記録したウインガーだ。

 

Merih Demiral

f:id:Hirary:20190106165334j:image

年齢:20

国籍:トルコ

チーム:アランヤスポル

この高身長センターバックは、11月にトルコ代表でデビューを果たした。かつてトルコ代表だったアルパイ・オザランと比較されている。

 

Moussa Diaby(ムサ・ディアビ)

f:id:Hirary:20190106165353j:image

年齢:19

国籍:フランス

チーム:パリ・サンジェルマンFC

春にローンに出されると、リーグ1でウイングバックとして輝いている。本職はフォワード。リーグ1で得点を決め、CLデビューを果たした。

 

João Félix(ジョアン・フェリックス)

f:id:Hirary:20190106165357j:image

年齢:19

国籍:ポルトガル

チーム:SLベンフィカ

この攻撃的ミッドフィルダーイーグルスで飛躍した。チェルシーマンチェスター・Uが興味を持っている。

 

Gedson Fernandes(ゲドソン・フェルナンデス)

f:id:Hirary:20190106165401j:image

年齢:19

国籍:ポルトガル

チーム:SLベンフィカ

サントーメ生まれのゲドソンは、10歳の時からベンフィカの下部組織にいる。足元の技術に加え、ミドルシュートも打てるセントラルミッドフィルダー

 

Arnaut Groeneveld(アルノー・グルンフェルト)

f:id:Hirary:20190106165424j:image

年齢:21

国籍:オランダ

チーム:クラブ・ブルージュ

秋に、CLアトレティコ戦でゴラッソを決めたレフトウインガーだ。オランダ代表でもデビュー2試合目のフレンドリーマッチのベルギー戦で得点した。

 

Robert Gumny(ロベルト・ガーミィ)

f:id:Hirary:20190106165454j:image

年齢:20

国籍:ポーランド

チーム:レフ・ポズナン

ポズナンの下部組織出身の彼は、すでに右サイドバックとしてスタメンで出場している。U21のユーロ大会でも注目を浴びていた。

 

Ianis Hagi(ヤニス・ハジ)

f:id:Hirary:20190106165431j:image

年齢:20

国籍:ルーマニア

チーム:FCヴィトルル・コンスタンツァ

常勝チームヴィトルルのキャプテンだ。ヴィトルルは彼の父ゲオルゲ・ハジがクラブオーナーで監督だ。ヤニスには、父のような攻撃的な気迫がある。

 

Amadou Haidara(アマドゥ・ハイダラ)

f:id:Hirary:20190106165806j:image

年齢:20

国籍:マリ

チーム:RBライプツィヒ

このミッドフィルダーは11月に厄介な膝の怪我を負った。しかし、春に新しいチームライプツィヒに行き、かつての存在、スタイルを証明してくれるはずだ。(現所属チーム:ザルツブルク)

 

 

 

 

UEFA2019年期待の若手50人を発表(10/50)

UEFAが今後ブレイクする若手50人を発表した。

(1〜10/50人)

f:id:Hirary:20190102175616j:image

 

Ilzat Akhmetov(イルザット・アフメトフ)

f:id:Hirary:20190102172632j:image

年齢:21歳

国籍:ロシア

チーム:CSKAモスクワ

2016年FCルビン・カザンにて16歳でデビュー

21歳の現在、CSKAモスクワの中盤でレギュラー

 

Ethan Ampadu(イーサン・アンパドゥ)

f:id:Hirary:20190102173713j:image

年齢:18歳

国籍:ウェールズ

チーム:チェルシー

このドレッドロックスヘアーのセントラルディフェンダーは、2018年に初めて3つのウェールズ代表のキャンプに参加した。また、チェルシーでもヨーロッパ・リーグ2試合に出場。

 

Emil Audero(エミル・アウデロ)

f:id:Hirary:20190102182809j:image

年齢:21歳

国籍:イタリア、インドネシア

チーム:サンプドリア

192cmの大型ゴールキーパーは、ユベントスからのローンでサンプドリアにいる。

セリエAだけで無くイタリア代表のu21のレギュラーである。

 

Nicolò Barella(ニコロ・バレッラ)

f:id:Hirary:20190102184451j:image

年齢:21歳

国籍:イタリア

チーム:カリアリ・カルチョ

品質、人間性、気概。

カリアリのキャプテンは、技術に加えてアグレッシブさを兼ね備えている。彼の髪型は、インテルラジャ・ナインゴランを想像させる。

 

Sander Berge(サンダー・ベンゲ)

f:id:Hirary:20190102185311j:image

年齢:20

国籍:ノルウェー

チーム:KRCヘンク

彼の両親は、2人ともバスケットボール選手だ。

だから、190cmの身長は納得できる。

彼は、ノルウェー代表に選ばれ、秋のヨーロッパリーグでは2ゴールを決めている。

 

Josip Brekalo(ヨシプ・ブレカロ)

f:id:Hirary:20190104025035j:image

年齢:20

国籍:クロアチア

チーム:ヴォルフスブルク

クロアチアA代表かつヴォルフスブルクフォワードはますます定期的に試合に出場し、得点を決めている。

 

Rafa Camacho(ラファエル・カマーショ)

f:id:Hirary:20190104025835j:image

年齢:18

国籍:ポルトガル

チーム:リバプール

監督ユルゲン・クロップによって「フットボールジョイ」の全てだという。

このポルトガルウインガーは、プレシーズンマッチで輝きを放ち、ベンチ入りし機会を待っている。

 

Giorgi Chakvetadze(ギオルギ・チャクヴェタゼ)

f:id:Hirary:20190105055616j:image

年齢:19

国籍:ジョージア

チーム:KAAヘント

速さと足元の技術を兼ね備えた攻撃的ミッドフィルダーに一部の人は、ジョージアのカカを連想させる。

 

Fedor Chalov(フェドル・チャロフ)

f:id:Hirary:20190105205338j:image

年齢:20

国籍:ロシア

チーム:CSKAモスクワ

今秋、UEFAチャンピオンズリーググループステージで2ゴールをあげ、ロシアリーグでも9ゴールをマークし、現在のロシアリーグの得点王である。

 

Samu Chukwueze(サムエル・チェクウェゼ)

f:id:Hirary:20190105210843j:image

年齢:19

国籍:ナイジェリア

チーム:ビジャレアルCF

アリアン・ロッベンのような執念をもったナイジェリア人のフォワードは、リーガとUELを揺さぶっている。特徴は、類稀なるスキルとアグレッシブさだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリシッチ、チェルシーへ

プリシッチ、チェルシーへ移籍。

f:id:Hirary:20190103020028j:image

親愛なるボルシアへ

この世界的なクラブにお別れを告げるのは寂しいものがある。

新鮮で、興奮し、そしてとても緊張しながら、また多くの期待を胸に16歳でハーシーというアメリカにある小さな街からドルトムントに加入したのが昨日のことのように感じるよ。

ドイツに着いた時、先の事はまだ何も分からなかった。

けど、直ぐにドルトムントのユースを見つけた。

自分にとって本当に最高の選択だったよ。

ドルトムントに来なかったら、自分を信頼してチャンスをくれなかったら、今の自分はありえないよ。

ヴェスファーレンで黒と黄色のユニフォームを着ることは、名誉なことだし、ずっと夢だった。

 

数え切れない程の記憶に残る瞬間が蘇ってくる。

20歳を前にして多くの経験が出来た。今でも偶に夢のような瞬間を思い出す。

私に関わってくれた方々、チャンスを与えてくれた全ての指導者に感謝したい。

 

そして、僕のチームメイトへ。

チームメイトは、まだ若い自分に、経験を教えてくれ、僕が成長できるように、それだけで無く、プロサッカー選手としても私を支えてくれた。

支えてもらって心から感謝している。

 

僕達の素晴らしいファンへ

ヴェスファーレンで一緒に戦えて誇りに思う。

そして

貴方達がどんなに選手の支えになっているかを肌で体感した。

サポーターになってからサポート出来るようになれて、とても光栄に思う。

あなた達ファンは、僕をドルトムントの一員として向かい入れてくれた。

ありがとう。

 

ヴァツケCEOとツォルクさんにも感謝を述べたい。

公正に扱ってくれた、プロとしてのマナーを教えてくれた、そして僕がクラブで成功できる様にしてくれた。

これは僕にとってとても大切なことだった。

だから、みんなの為にウィンウィンの関係を築いてくれて感謝したい。

 

2019年の夏、イングランドプレミアリーグで新しい挑戦をする為にチェルシーに移籍する。

チェルシーの様な伝統的なクラブと契約出来て光栄に思う。

ワールドクラスの選手のいるチームに貢献する為にハードワークする事を楽しみにしている。

サッリ監督とコーチ陣と働くことも楽しみだ。

 

しかし、これからの6ヶ月間はドルトムントが全てだ。

今シーズンの最後の試合が終わるその瞬間まで

僕の情熱、意思は変わらないし、直ぐ110パーセントチームにコミットすると誓うよ。

私達選手は、私達みんな(選手、関係者、ファン)の年だと思っている。

私達選手は、全ての試合で最善を尽くすことを誓うよ。

 

Heja BVB!(共に優勝しよう!これからもドルトムントに幸あれ!)

 

クリスティアン・プリシッチ #22


f:id:Hirary:20190103020331j:image
f:id:Hirary:20190103020345j:image
f:id:Hirary:20190103020339j:image
f:id:Hirary:20190103020335j:image
f:id:Hirary:20190103020319j:image
f:id:Hirary:20190103020327j:image

 

ソース:プリシッチ

 

感慨深い。この文章を訳してて泣きそうだ。

彼は当時、サポーターの期待を背に

パスラックと共に下部組織から上がってきた。

初めの1.2年は

同じ時期に加入したデンベレの陰に隠れてずっと思うようにスタメンになれずに苦しんでいた。

しかし、

デンベレバルセロナに移籍してチャンスが巡ってくる。

するとすぐに才能を開花させた。

当時、チームを救ってくれたのはプリシッチだった。

チームの状況が最悪でも彼はいつも圧倒的なドリブルとスピードを持ってチームを上へと押し上げてくれた。

何度も彼のプレーに感動したし、助けられた。

自己中なプレーでロストも多かったけど。笑

それ以上に圧倒的な才能があった。

今シーズンに入って

サンチョの予想外の成長に押され、チャンスがもらえずにいた。

またチームとしても連動性に重きを置いていたこともあり、

プリシッチより周りを活かせるサンチョがスタメンになったのだ思う。

 

これからは、サッカーの本場プレミアリーグチェルシーでのプレー。

ウィリアン、ペドロ、アザールとのポジション争い。

頑張ってほしい。圧倒的な才能を更に開花させてほしい。

スタメンをもぎ取ってほしい。

プレミアリーグの速いサッカーなら間違い無く活躍出来る。

 

まだ、後6ヶ月ある。

絶対にシャーレを取って

最高の状況で送り出してあげたい。

 

Heja Pulisic!

 

 

 

 

 

 

 

前半戦選手採点-マリオ・ゲッツェ-

f:id:Hirary:20190102124749j:image

マリオ・ゲッツェ(7.5/10)

マリオ・ゲッツェはシーズン序盤の10番としての役割からパコ・アルカセルと9番としての役割をこなしている。

彼は、生粋のストライカーという役割ではなく、前線を構成する役割を担っている。

今のポジションでは自分のペースでチームを活性化する事を出来ない、だがそれは彼の適正ポジションが、ボールを持った際パスセンスで試合を作るトップ下であるからだ。

彼の適正ポジションは、トップ下であるとずっと思っている。

しかし、彼は9番としての役割も充分にこなす事が出来るだろう。

仮に、彼の役割がウィンターブレイク後も変わらずに今のままであれば、我々は面白いものが観れるだろう。そしてアルカセルは、彼とのトップの役割を元にフルコミットするだろう。

 

ソース:BVBBuzz

 

ファブレが前節中盤からフィリップでは無くゲッツェを使うようになった。

ゲッツェの本来の役割は、トップ下でのゲームメイカーである。

その為、その能力が最前線でも行き、周りの選手との連携を築いている。

結果として前線の他の選手の得点、チャンスが増えている。

また、アルカセルの途中出場の大きな助けとなり、チームの勝利に貢献している。

フランクフルト戦で決めた3点目、ボルシアMG戦のロイスへのアシストは、まだ記憶に新しい。

f:id:Hirary:20190102124423j:image

こういうシーンを観ると彼のポテンシャルには素晴らしいものを感じるし、ユース上がりの当時、チームを2連覇へと押し上げた立役者であると再確認出来る。

ファブレの元では、当時の役割は無いが

最前線にポジションを移し、奮闘している彼を観ると感慨深いものがある。

これからも彼の活躍に期待したいと思える充分な理由が彼のプレーにはある。